コスタリカに挑む日本の新10番 中島翔哉!

日本の10番・中島翔哉 サッカーができる喜びに「感謝」

「キリンチャレンジカップ、日本-コスタジアム吹田) 北海道で発生した地震の影響で、7日に札幌ドームで開催予定だったサッカー日本-コスタリカ」(11日、札幌での合宿を打ち上げた。ボールを蹴れる喜びをかみしめた。ボールを蹴れる喜びをかみしめた。
MF中島は札幌合宿を振り返り「試合はできなかったことをすごく感謝しています」と頭を下げた。
日本代表の10番として臨むコスタリカ戦へ「活躍できるとかは特に考えていない。
とにかくサッカーを楽しむことがすごく大事。
それを見て何か感じてもらえれば」と、自身の思いをピッチで体現する。

 

 

日本代表の新10番・中島翔哉、自然体を強調「とにかくサッカーを楽しむ」

森保一監督が就任した新生日本代表は7日にキリンチャレンジカップ・チリ戦が予定されていたものの、北海道胆振東部地震の影響で中止に。
「試合はできて、そういう生活を与えてくれてそういうことはすごく感謝しています」新チームの10番を背負うという生活ができて、そういうことで、大きな期待がかけられる中島。
一方で、中島は活躍するかどうかという結果より、まずはプレーを楽しみたいとした。
「試合で活躍できるかどうかっていうのは、特に考えてなくて、とにかくサッカーを楽しむことがすごく大事だと思います。
とにかく自分にできることが一番かと思います」。

 

 

激動の札幌生活…中島翔哉「楽しむことが大事」

日本代表は8日、札幌市内での最後のトレーニングを終えた。合宿がスタートしてから6日間、台風21号の襲来や北海道胆振東部地震の発生など様々な苦難が及んだが、背番号10を任されたMF中島翔哉はサッカーができる喜びを感じているようだ。
札幌サッカーアミューズメントパークでの練習を終え、中島がはじめに口にしたのは感謝の言葉だった。
自身が合流したのは合宿2日目。
そんな中島は「試合で活躍するということはあまり考えていない」とハッキリと述べる。
「サッカーを楽しむことが大事。
その姿勢から誰かが何かを感じ取ってくれるはず」。
そう決意を示した中島は、DF槙野智章を中心に明るいムードがつくられて、良い雰囲気づくりをしてくれている」とほおを緩ませた。

 

 

森保ジャパン、震災に負けない!「勝たないと伝わらない」11日コスタリカ戦へ札幌で再始動

◆国際親善試合 日本代表は北海道胆振(いぶり)東部地震から一夜明けた7日、同市内のグラウンドで紅白戦(1本目20分)を行っている日本代表は北海道胆振(いぶり)東部地震から一夜明けた7日、同市内で合宿を行ったが、地震から一夜明けた7日、同市内で合宿を行っている日本代表は北海道胆振(いぶり)東部地震の影響で中止。
被災に負けず、前進する気持ちで練習にこじつけた。
また、紅白戦ではMF伊東純也(25)=柏=が得点を挙げた。
強い風に交じって、雨が飛んできた。
紅白戦では、深く、背丈が違う芝でボールは不規則に転がった。
DF槙野が最終ラインから大きな声で指示を出し続け、前線ではMF堂安、南野、中島が代わる代わる仕掛ける。
震災の翌日でチームの空気が揺らいでもおかしくない中、槙野は「難しい状況で、しっかりプレーできた。
素晴らしかった。
最大震度7を記録した地震の影響でチリ戦は中止に追い込まれた。
森保監督は「自然災害には太刀打ちできない。
今、できることを」と前進していく考えを表明。
まず練習場確保への過程で姿勢を示した。
契約したバス会社を変更した。
もと手配していた札幌ドームは停電の影響で使用不可。
ほかに厚別競技場は近隣の道路に破損があって、バスが入れないという。
最終的には、慣例では選ばない距離にある、バスで30分かかるグラウンドの手配に成功した。
照明設備がなく、暗がりとなるコスタリカ戦への準備を進めることができた。
スタンドには、多くの地元ファンがかけつけた。
練習後には「震災から立ち直る何かのきっかけになりたい」と、選手が率先してサインや写真撮影に出向いた。
「(コスタリカ戦で)良い試合をしたい。
勝ちたい。
勝たないと思うので、札幌で大変な思いをしている方がいる方がいる方がいるし、感じたものもある。
サッカーを通じて、それを伝えられたら」。
主将のMF青山は強い決意を持った。
チームは8日、当初の予定通り大阪へ向けて空路で移動する。
3日からの札幌合宿で震災を経験し、電気のつかない街並みを見た。
宿舎のロビーでは、行き場を失った大勢の旅行者を目の当たりにした。
「奇跡的にサッカーができている」と槙野。
DF遠藤は「サポーターに感謝しながらやりたい」と言った。
森保ジャパンの初陣コスタリカ戦。
多くの思いを持ってピッチに向かう。

 

 

コメントは受け付けていません。